研究進捗

研究進捗

桃太郎パパイヤ研究所では、新品種の作出に日夜取り組んでおり、公開可能な範囲で進捗状況を報告して参ります。

耐寒性バナナの耐寒性能向上

岡山県備前市八塔寺にて、耐寒性バナナの耐寒性能向上品種の試験栽培を行っています。

 

2015年11月22日に撮影した試験圃場の様子です。

今年は記録的な冬の訪れの遅さですが、同地は山間部にあり、最低気温は2~3℃になる日もありました。

周囲の山の木々は紅葉している中、耐寒性バナナは青々とした新芽も芽吹かせています。

 

完全露地栽培が可能な品種として、営農者の方へご提供できるように開発を進めて参ります。

 

また、同地で耐寒性グァバの耐寒性能試験栽培も行っていますが、耐寒性バナナ同様に順調な生育を見せています。

 

 

 

2015年11月22日に撮影した試験圃場

耐寒性グァバ新芽の様子

LINKS

Call

TEL: 086-253-7526

© 2016 Momotaro Papaya Laboratory Inc. All Rights Reserved.